1.災害用伝言ダイヤル提供の開始
震度6弱以上の地震発生時、及び地震・噴火等の発生により、被災地へ向かう安否確認のための通話が等が増加し、被災地へ向けての通話がつながりにくい状況になった場合に利用可能になります。

2.登録できる電話番号
災害により電話がかかりにくくなっている地域。

3.伝言の録音方法
「171」にダイヤルする

ガイダンス
「こちらは災害用伝言ダイヤルセンタです。
録音される方は1(いち)、再生される方は2(に)、暗証番号を利用する録音は3(さん)、暗証番号を利用する再生は4(よん)をダイヤルして下さい。」

1(いち)をダイヤルする

ガイダンス
「被災地の方はご自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。
被災地以外の方は連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。」

「電話番号」をダイヤルする

ガイダンス
「電話番号XXX-XXX-XXXXの伝言を録音します。プッシュ式の電話機をご利用の方は数字の1(いち)のあと#(シャープ)を押して下さい。
ダイヤル式の方はそのままお待ち下さい。なお、電話番号が誤りの場合、もう一度おかけ直し下さい。」

1(いち)#(シャープ)をダイヤルする

ガイダンス
「伝言をお預かりします。ピッという音のあとに30秒以内でお話下さい。 お話が終わりましたら、数字の9(きゅう)の後#(シャープ)を押して下さい。」

伝言内容を30秒以内で話す。

録音終了後
9(きゅう)#(シャープ)をダイヤルする

ガイダンス
「伝言を繰返します。訂正される時は数字の8(はち)の後#(シャープ)を押して下さい。」

録音した伝言内容を確認する。

ガイダンス
「伝言をお預かりしました。」

終了
4.伝言の再生方法
「171」にダイヤルする

ガイダンス
「こちらは災害用伝言ダイヤルセンタです。
録音される方は1(いち)、再生される方は2(に)、暗証番号を利用する録音は3(さん)、暗証番号を利用する再生は4(よん)をダイヤルして下さい。」

2(に)をダイヤルする

ガイダンス
「被災地の方はご自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。
被災地以外の方は連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。」

「電話番号」をダイヤルする

ガイダンス
「電話番号XXX-XXX-XXXXの伝言を録音します。プッシュ式の電話機をご利用の方は数字の1(いち)のあと#(シャープ)を押して下さい。
ダイヤル式の方はそのままお待ち下さい。なお、電話番号が誤りの場合、もう一度おかけ直し下さい。」

1(いち)#(シャープ)をダイヤルする

ガイダンス
「新しい伝言からお伝えします。伝言を繰返す時は、数字の8(はち)の後#(シャープ)を、次の伝言に移る時は、数字の9(きゅう)の後#(シャープ)を押して下さい。

伝言の再生

ガイダンス
「お伝えする伝言は以上です。伝言を追加して録音される時は、数字の3(さん)の後#(シャープ)を押して下さい。

ガイダンスが流れるまで待つ

ガイダンス
「お伝えする伝言は以上です。」

終了
※一部で通話料金が発生します。詳しくはNTTホーム―ページなどでご確認下さい。
参考:NTT